別れた後、復縁しやすい最適な連絡タイミングはいつ?

別れた彼氏、彼女と復縁したいと思っている人は少なくありません。しかし、いつ連絡を取ればいいのかタイミングが分からない人も多いですし、無暗に連絡をして復縁できなかった人もいます。

元々付き合っていたので気安い関係ではあるものの、復縁をする際にはいつでも連絡していいものではありません。適切なタイミングがあります。

本記事では、復縁したい時の連絡するタイミングについてご紹介します。

時間を置きましょう

思い立ったが吉日という言葉がありますが、復縁においてはすぐに行動に移すのは避けた方が良いでしょう。

たしかに恋愛は椅子取りゲームのようなもので、早い者勝ちの側面があります。元カレ、元カノと付き合った時には、デートに誘ったり告白したりと自分の気持ちをすぐに行動に移して成功したという人も少なくないでしょう。

しかし、復縁においては事情が違います。

別れてしまったのですから、感情的にはマイナスからスタートします。

マイナスの感情を持つ人、もっと極端に言うと嫌いな人から連絡があって、復縁のアプローチをされても、当然OKを出すことはできません。もう一度好きになってもらおうと積極的になればなるほど、相手はどんどんと頑なにあなたのことを拒絶するようになります。

行動によってマイナスの感情を覆すのは難しいのです。

解決してくれるのは時間です。時間の経過することによって、冷静になって考えることができるようになります。別れた時点で嫌いであっても、それまでの仲良くしていた思い出があるわけで、そうした思い出をだんだんと懐かしみ愛おしく思うようになります。

その時がチャンスです。

嫌いという感情も好意に変わっていることが多いです。とにかく待つことをおすすめします。

ただし、復縁を迫るものでないなら、連絡を取り続けていた方が良いでしょう。全く連絡がない状態はいなくなったも同然になってしまい、復縁が難しくなってしまいます。彼女ぶることをせず、一人の友人として連絡を取り続けましょう。

自分を変えよう

絶好機を待った方がよいのですが、何もせずに待っているのはもったいないです。これを機に自分の悪かった部分を変えましょう。

まずは別れた原因を冷静に分析しましょう。

相手の言動が別れの原因のこともあります。例えば、相手の浮気。しかし、その浮気に至るまでの自分の態度に問題はなかったのかと考えてみましょう。恋愛という共同作業において、どちらか一方だけが悪いということは驚くほど少ないです。割合に差はあれど、どちらにも悪いところがあるのは普通のことです。

自分一人で考えると独りよがりになってしまいがちですので、友人や専門家など信頼のおける相談すると良いです。

原因がわかったら、改善しましょう。

例えば、怒りっぽいことが原因であれば、アンガーマネジメント教室に通ってみるなど、外部の力を使って自分を変えていくと良いでしょう。自分の心持ち一つで変えられればよいですが、なかなかうまくいかないことも多いです。

原因は千差万別ですので、解決方法も人それぞれ違います。自分にあった解決方法を模索してみましょう。

どれくらい待てばいいの?

実際、別れてからどれくらい経てば適切なタイミングなのでしょうか。

何日経ったかという経過時間を基準にするよりも、「自分を変えることができたか」を基準した方がよいです。別れた原因を解決できるような成長ができれば、相手も復縁を認めてくれる可能性が高まります。

だからといって、急いで自分を変えようとするのもよくありません。冷静さを失っては原因の追究もうまくいきませんし、見当違いの解決方法を試しているかもしれません。焦らないでじっくりと自己研鑽に励みましょう。

とはいうものの、どれくらい待てばいいか具体的に知りたいという人もいるでしょう。

あくまで目安ではありますが、おすすめをお教えしましょう。

おすすめは、別れてから一年後です。

なぜ一年後なのでしょうか。

一年もあればお互いに冷静になることができるからです。別れた直後の嫌悪感もだいぶ和らいでいて、過去の思い出に思いを馳せる余裕が出てきます。「あの時こうしていれば」と反省する時間も十分にあります。

また、イベントを一巡することができることも重要です。

一年の間には、正月、バレンタインデー、ホワイトデー、ゴールデンウィーク、ハロウィーン、誕生日などさまざまなイベントがあります。そうしたイベント毎に一緒に過ごした思い出がよみがえるはずです。その思い出が素晴らしいものであったなら復縁したい気持ちが膨らんでくるでしょう。

その時に復縁したい旨の連絡が来れば、相手も思わず頷くでしょう。

まとめ

復縁を望む人の多くは非常に焦っていて強引になってしまうので、相手が引いてしまうことが多いです。一旦落ち着いて冷静になって、ゆっくり着実に自分を成長させましょう。恋は焦らずです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする